• 再びの松山城
     しまなみ海道を南下、今治から松山市に到着…全国の中でも一年を通じて気候が安定しているご当地です。もう何回目か?ではありますが…松山市の中心部である城山山頂に本丸天守が聳え立つ存在感たっぷりの「松山城」に到着です。 この城の特徴でもある立派な「登り石垣」が続きます。当初は「豊臣秀吉」の家来、賤ヶ岳の合戦で有名な七本槍の1人「加藤嘉明」公が築いた城。その後、関ケ原の合戦でも活躍…初代藩主となり、... 続きを読む
  • 猫の細道と尾道ラーメン
     先月の事  “瀬戸内グルっとめぐり” に向かいました。先ずは、海山の美しい坂の街「尾道」からスタートです。また来たぞ~!懐かしい眺望に小さく雄叫びです^^;尾道と言えば一番の見処はここ「千光寺」…大同元(806)年創建と伝えられる真言宗の名刹。 千光寺山の中腹に建つ朱塗りの本堂「赤堂」そこから見える海の道 街の眺望も素敵です♪そして「天寧寺」三重塔 海雲塔越に見る眺望が街を代表する景色です^^&... 続きを読む
  • 鳴門の渦潮とタマネギつけ麺
     初夏の頃…この日は大潮だったのかな?「密」を避け徳島鳴門側から大鳴門橋へアプローチ!しばらくすると遊覧船は、大鳴門橋の下に入ろうかと…見えて来ました渦の道。「世界三大潮流」の一つ鳴門の渦潮!ご無沙汰です~ 鳴門の渦潮は、瀬戸内海と紀伊水道の干満差により、激しい潮流が発生する事により出来る現象…月の引力で発生した海水面の高まり、瀬戸内海と太平洋の潮流の違いだ何だかんだ?そのメカニズムについて... 続きを読む
  • 八咫烏神社
     もう備忘録になってしまいますね~コロナ禍になって何ヶ月か?神頼みに奈良の大宇陀三社参りに行った記録です。三社参りの最後を〆るのは「八咫烏神社」 神社でお祀りしている「八咫烏」(武角身命)は、神武天皇が日向(宮崎県)から大和地方への東征時に皇軍を熊野から大和へ導き入れる道案内の役割を果たした天照大神の遣いです。神社境内には八咫烏をマークにしているJFA日本サッカー協会のマスコットの姿もありま... 続きを読む
  • オオムラサキ観察がリス劇場となった。
     長い梅雨がやっと明けたと思ったら、いきなりの猛暑!堪忍してぇ~(;д;)癒しの週末 日曜日の午後は、近くの生駒山麓に向かった。陽射しの弱くなった夕方近くなんですが暑ささは、さほど変わりません。クヌギ林のポイントに着くなり緑の甲虫が飛び交います…アノ光沢のある緑は?「タマムシ」数が多くいるのが確認できました。また上空を飛び交うというと?お目当ての「オオムラサキ」が凄いスピードで現れた。2頭で追っか... 続きを読む
  • 道三の「稲葉山城」信長の「岐阜城」
     大河ドラマ「麒麟がくる」で本木雅弘さん演じる「斎藤道三」があまりにも印象的でカッコ良かった♪いやぁ~迫力あるメチャ上手い演技に拍手喝采でした。で! 何時の間にか岐阜に向けて走っていました。来ましたぞ!久しぶりの金華山 登山口…前回来た時は汗だく登山でしたが今回はラクチンロープウェイで山頂へ向かいます。ロープウェイ駅周辺は道三色 一色!もっくん演じる美濃のマムシ リアルな道三人形が迎えてくれました。... 続きを読む
  • 新選組の刀傷と京の焼きそば
     京の三条通…いにしえの時代から世に知る歴史が繰り広げられた大路です。時は幕末!ここ三条通と言えば「池田屋騒動」が有名です。寺田屋騒動に池田屋騒動…そして坂本龍馬が切られた近江屋に ややこしい~ですよね(*ノェノ)池田屋騒動は、ここ京都三条木屋町(三条小橋)の旅館・池田屋に潜伏していた長州藩・土佐藩等の尊王攘夷派志士を京都守護職配下の「新選組」が襲撃した事件です。その近くには佐久間象山先生(坂本龍馬の... 続きを読む
  • 明智光秀公と一族の菩提寺
     雨が降りしきるある日 湖国大津に向かった。天台真盛宗 総本山 西教寺檀徒であって明智光秀公とその家族と内室「煕子」の墓が残る光秀公ゆかりの寺院です。先ずは迫力ある総門から…光秀公の居城「坂本城」の城門を移築したといわれています。 (元亀元年)織田信長の比叡山焼き討ちの際に焼失した西教寺を復興したのが坂本城城主となった光秀公逆臣とされる明智光秀公ですが皇室への崇敬の厚さや領民に慕われた愛妻家と... 続きを読む

プロフィール

ら~く

Author:ら~く
冒険が大好き♪
小さい時から野山を駆け回っていました。
今は野山だけではなく全国を駆け回っています。
どうかお付き合いくださいね。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ