何時かの?戦車です。。

この日は、埼玉県のオリンピックアスリート養成場でのお仕事でした。
 
 
 
隣接する「陸上自衛隊広報センター」
ここは、陸自の車両がズラリ!と常設展示してあります。
 
戦車です・・重厚感ありますネ!
さわった、さわった♪♪ いんやあ~何時来ても大迫力です。。
 
 
【90式戦車】


第三世代戦車に分類される陸上自衛隊の主力戦車である。2007年までに約300輌が調達された。 製造は三菱重工業が担当し価格は一輌辺り約8億円と言われている。
120mm滑腔砲と高度な電子機器などによって構成された国産の射撃管制装置により高い射撃能力を持つ。ベルト式マガジンを使用した自動装填装置を採用した事で、乗員は三名となっている。また、西側の第三世代戦車で最初に自動装填装置を導入した事でも知られる。装甲には複合素材が用いられその正面防御力は世界最高水準と評価されている。
 
 
 
【74式戦車】


61式戦車の後継として開発され総計873輌が生産された。特徴として日本の複雑な地勢に合わせた油圧姿勢制御装置を有する事が挙げられる。これにより車体の姿勢を自由に変える事ができ車高は第二世代戦車の中でも低い。世界の第二世代戦車に技術的に追いつく事も開発目標とされたことから、射撃管制装置にレーザー測距儀や弾道計算コンピューターなど61式戦車の開発された時代では実現できなかった内部機器の電子化も図られた。だがエンジン出力に余裕がないため、装甲は軽量化し機動性を重視する。
 
 
 
 
 
【87式自走高射機関砲】

 
この車両は、アメリカから供与されていたM42自走高射機関砲及びM15A1対空自走砲の後継として1978年に部分試作が開始された。当初は退役する61式戦車の車体を流用する予定だったが61式戦車の車体に対して砲塔が過大だったため、車体を74式戦車ベースに改めて1982年に全体試作を開始し、試作車両は1983年に 完成、各種テストの結果1987年に制式化された。
 
 
 
また、行きたいところです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(12)
No title
流石詳しいですね~

-

2014/06/04 22:38 URL 編集 返信
No title
常設展示ですか!!
近くなら通ってしまいそうです。
他の車輌もあるんでしょうか?
記事楽しみにしてます^^

フミいごっそう

2014/06/04 22:52 URL 編集 返信
No title
そんないい所に仕事で行けるなんて幸せですね~
俺も来月はあそこの基地際に!

aoyama

2014/06/04 23:03 URL 編集 返信
No title
きくさん>一時、私は隊員と勘違いした事もあった?
自衛隊周り…この頃、上司が元ソルジャーでした^^;

ら~く

2014/06/04 23:04 URL 編集 返信
No title
フミさん>ここは、博物館ですよ♪上からコブラが襲ってきますよ(笑)

ら~く

2014/06/04 23:08 URL 編集 返信
No title
青山さん>縦の集団!それなりに大変でした(笑)
…千歳ですかね♪

ら~く

2014/06/04 23:11 URL 編集 返信
No title
好きなんですね!

四駆転倒虫

2014/06/04 23:13 URL 編集 返信
No title
四駆転倒虫さん>ええ!スキですねぇ~国産ですから♪

ら~く

2014/06/04 23:17 URL 編集 返信
No title
詳し過ぎです(笑)
もっと知りたいならkazzさんに聞いてみます(笑)

koko

2014/06/04 23:49 URL 編集 返信
No title
さすが軍人

バーク屋

2014/06/06 20:17 URL 編集 返信
No title
KOKOさん、何事もお勉強…^^;

ら~く

2014/06/07 07:35 URL 編集 返信
No title
おやじさん、ジーク!ジオン‼ (笑)

ら~く

2014/06/07 07:38 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

ら~く

Author:ら~く
冒険が大好き♪
小さい時から野山を駆け回っていました。
おじさんになった今も駆け回っていますよ♪

くろック ALL STARS

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ