飯盛城 址(大阪府四條畷市)

飯盛城 址
 
 
 
JR四条畷駅駅からの飯盛山登頂コースにトライ!毎度の耐寒訓練です。
 
飯盛山は、生駒連山の西北端に派生した支稜の一角に位置する山なんです。
 
麓の四条畷神社から登頂…

 
階段状の道であり、一本調子に頂上に向かう道であり…
部分的に急坂を登るところがあるんです。
 

いやはや!舐めてたら大変…
過去の思い出を辿って、登ってみたが、こんなにキツかったかな、、、
 
ロープ&鎖の手すり…

こんなんだったっけ、、
 
ところどころに岩場が…

ところどころで、休憩…必死になって、山腹まで来ました。
 
おおぉ!山城の跡が見え始めました。
 
つる草にうもれた石塁(石垣)がいたるところに残っています。

 
そんなこんなで、山頂…汗だく;;
 
飯盛城 城郭跡に到着です。
 
何となく、尾根に沿った長細い城郭だったことが窺えます。

 
山頂

飯盛城は、河内国守護であった畠山氏の武将木澤長政によってはじめ造られたが
  戦乱の世四国阿波からでてきて同じく畠山氏の家臣であった三好長慶が力を伸ばし
   木澤長政を攻撃し、当時飯盛城を守っていた安見美作守を攻め、永禄3年(1560年)
 入城し、時の将軍足利義輝から祝福を受けている。その時は、5畿内と四国の東部を
    その勢力範囲としたが、戦国時代で長続きせず8年後織田信長が入京し、その軍門に
       下ったのでその後の歴史の上から目立った業績を残していません。
        しかし飯盛城は、台形上の長い頂上尾根をはじめ、数多くの曲輪が建っていて、
            山城としてわが国でも有数のものとされていて、また現在でも随所に石垣が残っているなど、
              中世の山城研究の貴重な素材であるとされています。
 

 
山頂にある「楠木正行像」

楠正行は楠正成の長男で、成人して南朝の後村上天皇に仕え、
1348年(正平2年)この山の麓の四条畷で北朝方の高師直軍と戦い、敗れました。
四条畷神社には、正行とその部下が祀られています。
 
飯盛山頂から大阪平野を望む。

町並みが眼下に迫り、電車の通る音が聞こえます。
 
当時の城の眺望は、もっと遥かまでだったんでしょうね…
 
 
 
ああぁ~!さむぅ~、、、
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(6)
No title
https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_a811.gif"> 飯盛山か、行っておけば良かった。
体力のあった時に、楠木正成の息子まで関係した
城が あったとは。 歴史が沢山の関西圏ですか。
又、勉強になりましたよ。

totan2

2013/02/20 05:17 URL 編集 返信
No title
おはようございます(o´_ _)o)ペコッ!
飯盛山~メッチャ懐かしいです!親戚が四条畷に住んでいて
小学生の頃は何度も親戚家族と登りましたよ( v^-゚)♪
道中で両親や伯父伯母がアケビを採って食べたりしていました(笑)

JINJIN

2013/02/20 05:24 URL 編集 返信
No title
(`・ω・)ゞお疲れ様です。

夜景も良さそうな眺望ですね。




(;◎Д◎)ナイトトレッキング行っとく?w

atrantique

2013/02/20 21:01 URL 編集 返信
No title
totanさん>この下の四条畷神社にお祀りしてあります。
この周辺は、幾度かの古戦場でもあります。

ら~く

2013/02/20 22:38 URL 編集 返信
No title
JINJINさん>私も生駒山登って、アケビ採ったり山菜採ったりした覚えがありますよ。

ら~く

2013/02/20 22:39 URL 編集 返信
No title
atrantique2000さん>100万ドルの夜景ですか♪…落武者が出てくるのでやめときます^^;

ら~く

2013/02/20 22:42 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

ら~く

Author:ら~く
冒険が大好き♪
小さい時から野山を駆け回っていました。
おじさんになった今も駆け回っていますよ♪

くろック ALL STARS

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ