駿府城址と静岡おでん



今週の行脚は、静岡県内を西から東へ…
道中、急に冷え込んで“ハクション!”おかげ様で鼻声となっております。


しぐれた空の下、用を済ませて最後の締めくくりは駿府城址に入ってみた。
J2
天正10年武田勝頼が滅びると駿府は徳川家康の御領国となりました。
そして家康公はこの地に駿府城を築城したんですね。

城内には、ひと際目立つ「徳川家康 公」
J3
その凛々しいお姿のある場所は、本丸跡なんですね。


また近くには、家康公が植樹したと伝わる「家康公手植えのミカン」
迫力のミカンの木です!へぇ~~(-∀-)

J4
低木ながら幹が太い古木ですわ。。
何でも当時、紀州から献上された蜜柑だとか…

大した建造物はないものの家康公の存在感が所々プンプン♪
プンプンと言えば城内の河津桜が花期を迎え満開でした。
J5
カメラを持って来ていないのが残念(T_T)
改めて今年は、やっぱり春の訪れが早いようですね。

城内の趣のあるおでん屋さんで、一服する事に♪
J6
「おでんやおばちゃん」
はい!おばちゃんとおっちゃんと元気なお二人に
お迎えいただきました♪

ここ静岡もおでん処!
静岡おでんの定義は、黒はんぺんに黒いスープ、串刺し、青海苔に魚粉をかける。
漁港が近くにある魚どころが殆どではありますが…
全国、色んなおでんがあるもんです。
J7
人気の牛すじ、しのだ巻き、黒はんぺんをいただきましたよ。

乾杯!お疲れ様でした♪


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
静岡のみかん
全国各地に家康公のもろもろが。。
手植えのみかん。。どれどれ(._.)?
みかんは生るのかなぁという感じですがまあ信じる事に致しましょう。(笑)

魚粉をかけるなんて👀珍しい食べ方があるものですね。
でもどこへ行っても同じと言うよりずっと良いですね。

かぐや姫

2020/02/08 11:27 URL 編集 返信
ら~く
Re:静岡のみかん
かぐや姫さん
家康公は、幼少期から青年時代まで今川の人質として駿府に育ったのは有名な話ですよ^^;
徳川御三家…水戸・駿府…そして蜜柑の紀州です。教科書、思い出しましたか~
姫路おでんは、しょうが醤油に付けたり岡崎はみそ田楽風だったり、おでんの世界は深いんですよ。

ら~く

2020/02/08 13:27 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

ら~く

Author:ら~く
冒険が大好き♪
小さい時から野山を駆け回っていました。
おじさんになった今も駆け回っていますよ♪

くろック ALL STARS

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ