百合の花「生石高原」

 


梅雨の合間…


まだ残っていたら良いのになぁ~ で向かった先はどんより空の「生石高原」
LL1 湿気を含む空気も時折、心地よい風が頬をかすめます。
思ったよりも良かった♪

毎度ながら季節のキャストさんたちに挨拶しながら西の丘から生石ヶ峰に向かいます。
LL2 先ずは黄色い花に目を向けるんですが…
この周辺にしか咲かない花があるんだけど、咲いているのは「ミヤコグサ」やニガナにコナスビばかり。

高原の辺り一面に咲く「オカトラノオ」
LL3


広がりつつある「ヤマハハコ」の群落…
LL5

高原は今、蝶のパラダイス!色んな蝶が花の蜜を求めて飛び交います。
サカハチチョウやルリタテハに何だかんだと沢山いましたよ…追いかけてたらキリがありませんわ(=∀=)
LL6
取敢えず、片手カメラで撮り易い君たちだけ…アザミの花を吸蜜する「キアゲハ」
ここの個体は迫力ある大きなものばかりです。

LL7
大型「ギンボシヒョウモン」かな?

「ベニシジミ」は恋の季節を迎えた様ですね。
LL8


草原外れの森林に沢山飛んでいた「ムラサキシジミ」
LL9


そして旬を迎えようとしていました♪
LL10
日本特産 国を代表する「ササユリ」ちょっと大袈裟ですね(*ノェノ)
この後も小さいのやら背が高いのやら彼方此方で挨拶です。


生石ヶ峰 山頂から有田方面の眺望
LL11


何だかご無沙汰です~の「センチコガネ」に遭遇…
LL12
何年か前までは どうでも良い虫さんでしたが、今はマイブーム?グリーンメタリックが魅力の甲虫です。
掌をこじ開け様とする力が凄いんですよね。

しばらくしたら今年も季節の「カキラン」
LL13
ご存知、湿地草原のラン科

相変わらず山道では多くのササユリの歓迎を受けます…それぞれの花に個性がある様に見えます。
LL14


「ウツボグサ」
LL15


下に降りて林道沿いには、上から下まで鈴生りの「ホタルブクロ」圧巻でした。
LL17


「イヌトウバナ」の群生に囲まれて、また山中に戻ります。
LL18


森林中を登ったり下りたりして「生石神社」に到着です。
LL19
生石の語源ともなった巨大岩が神社祠裏に聳えたっています。
その昔!この地に一夜にして高さ約48mの立岩が出現したとかの言い伝えです。
多分この岩も特有の蛇紋岩だと思う。紛れもなくパワースポット お参り!お参り!


再び
高原に戻り“まだ残っていたら良いのになぁ~”…おかげさまで、残っていてくれました\(^o^)/
LL20
見たところ終盤の姿ではありましたが、しっかり「ヒメユリ」でした。

「夏の野に繁みに咲ける姫百合の知らぬ恋は 苦しきものそ」
万葉集にある様に苦しいほど繁みに “ひっそり”と咲いていました。
LL21

おかげさま!ブロ友さんに感謝です🙇


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
ササユリ
カキランやササユリが見られるなんてステキですね。
チョウもいろいろ、アゲハは羽化したてのようにきれいですね!

山が好き

2020/06/28 21:12 URL 編集 返信
ら~く
Re:ササユリ
山が好きさん
梅雨の季節の植物ですね…これから旬を迎えます。
大きなキアゲハでした。

ら~く

2020/06/29 20:50 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

ら~く

Author:ら~く
冒険が大好き♪
小さい時から野山を駆け回っていました。
今は野山だけではなく全国を駆け回っています。
どうかお付き合いくださいね。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ