韓国岳(霧島連山)

 
 
韓国岳
 
 
 
週末、朝一番に大浪池登山口到着

 
 
 
 
 
噴火シェルターに少し緊張感が漂います。

ふむふむ、、お勉強。。
 
 
 
 
 
さて、出発です!
 
 
 
初めはきれいに整備された登山道を進みます。

 
 
 
 
 
鬱蒼とした原生林の役者に挨拶しながら…

 
 
 
 

とにかく、鳥の囀りがとても賑やかな道中…聞いた事のない声もあったり。
アカショウビンなんかに会えたらいいのになぁ~と、微かな期待も。
 
 
 
 
 
おっと!開けて来た…大きな溶岩が、ゴロゴロ。

 
 
 
 
 
大浪池登山口から火口の縁まで約小一時間ほど登り詰めると、大浪池休憩所に到着。

大浪池は霧島山の火山活動によって、約4万年前に形成された火口の跡に水が溜まって
出来たらしい。火山の標高は1412m火口湖としては、日本一高いとの事です。
 
 
 
 
 
キガンピの花が目立って来た。

 
 
 
 
 
韓国岳への道は大浪池をちょうど半周回り込んだ先に続いています。

ほぼ距離は同じとの事。今回は、東回りで登る事にしました…
後で、えびの高原登山口から登って来た人に聞いたら一番タイトだっだらしい?
 
景色も良くて そうは、感じなかったんですがね。
 
 
 
溶岩が織り成す自然の美を、大浪池に重ねて楽しめましたよ♪

 
 
 
 

 
 
 
 
 
多数ある覗きから色んな角度で観る火口湖

空の動きや色もあって、湖面の色が変化いたします。
 
 
 
 
 
大浪池火口壁の最高点からいったん下り、韓国岳避難小屋に到着。

 
 
 
 
 
さて、韓国岳山頂に向け、ここから急登が始まります。

 
 
 
 
少しながら、ここのキャストさん達も現れて来ました。
 
 
 
ノリウツギ

下から上まで、この花のシーズンの様でした。
 
 
 
 
 
フクオウソウ

久住山以来の出会いです。
 
 
 
 
 
背の低いヒヨドリバナが沢山咲いてるなと思ったら、案の定いましたよ。

アサギマダラ
 
 
道中、3羽ほど見かけましたっけ。
 
 
 
 
 
 
階段地獄も究極に…藪漕ぎしながらですか?^^;

 
 
 
 
 
樹林帯を抜けると最後、約300m?ここからパワーアップ!

火山ならではの山肌を進み…
 
 
 
 
 
後ろを振り返れば、はっきり!火口と分りますね…大浪池

火口縁の向こう!窪んだところから来たんだなぁ
 
 
 
 
 
赤い環境は火星か?

 
 
 
 
そんな厳しい環境に咲く花も厳しい強面。

キリシマアザミ
 
 
 
 
 
これで整備されていると言うのか?

足元は、火山岩がゴロゴロして歩き難いです。
 
 
 
 
おぉ!もう少しだわ。

 
 
 
 
 
日本百名山 韓国岳山頂(P1,700m)

一等三角点
 
 
 
 
 
山頂越えるといきなり“ドカ~ン!”と目の前に広がった韓国岳火口(御鉢)

韓国岳の火口は直径約800m、深さ300mの断崖絶壁、火口底は直径約150m
正に圧巻でしたよ!!
 
 
 
 
 
霧島火山帯の中では、一番のスケールを誇るとの事です。

爆裂火口の縁
火口の縁沿いに道はあって新燃岳に繋がっています。
しかしながら、その向こうは入山規制地域です。
 
 
 
 
 
火口の縁下の断崖絶壁にツバメの大群が大騒ぎです。

すごいところで栄巣ですか@@;
アマツバメ?イワツバメ?
 
 
 
 
 
花もまた絶壁に張り付いていました。

ダイモンジソウ
 
 
 
 
 
ツクシコウモリ 

風に棚引いています。
 
 
 
 
 
ツクシゼリ

 
 
 
 
 
この日はあいにくガスってまして、午後から一雨との予報も。

本来は、霧島連山が北から南に獅子戸岳、新燃岳、中岳と
高千穂峰の眺望が素晴らしいんでしょうがね…まぁ仕方ない。。
 
 
 
 
 
あれに目立つ火口は、あの「新燃岳」だな。

 
新燃岳火口のアップ!

あの噴火から火口底がかなり盛上ったとの事…
噴煙が薄っすら見えます!生々しいねぇ~
 
 
 
 
 
ランチ?

 
 
 
しばらく眺望を楽しんでたら、遠くで“ゴロゴロ”雷鳴
 
ゴロゴロが多い^^;
 
 
 
 
 
今度は、西回りで帰ろうっと。。

登山口に戻ったら、ザザ降りでした^^;
 
 
 
さて、次は?
 
 
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(20)
No title
白髪おやじさん〉九州自動車道 えびの付近からの山並が大好きですよ…あっ!宮崎、鹿児島に帰って来たってね♩

ら~く

2016/08/24 18:37 URL 編集 返信
No title
あれんこれんさん〉新燃岳の噴火後に高千穂峰に登りましたが、アリ地獄状態…厳しかったですよ(^_^;)
そんな縦走をしたいもんです。

ら~く

2016/08/24 18:39 URL 編集 返信
No title
桃花さん〉貴重な歴史感、おそれいります。
貴女家の神の山なんですね♩これからもお大事に。

ら~く

2016/08/24 18:44 URL 編集 返信
No title
しょーすけさん〉高く神秘的な火口湖 見てみてください。
話しには聞きますが、縦走してみたいです。

ら~く

2016/08/24 18:46 URL 編集 返信
No title
monnamiさん〉タイトな環境ですが、そこに咲く花は見ものだと思いますよ。
もっと探したかったですよ(^_^;)

ら~く

2016/08/24 18:48 URL 編集 返信
No title
カサブランカさん〉何でもその昔、遠く韓の国(朝鮮半島)まで見渡せたと…神話的な一説ですが(^_^;)
確かに逞しい植物が生きていました。

ら~く

2016/08/24 18:51 URL 編集 返信
No title
行かれたんですね~♪
大浪池の方から登られたとは、あの階段登りはきつそうですよ。
お天気がいまいちで、それがちょっと残念でしたね。
でもいいな、ダイモンジソウ見れたなんて。
私気がつきませんでしたよ、あ~~ざんねん、何処にあったんだろう。

で、行動範囲広い、、、何者?(爆)

ahiru3

2016/08/24 19:52 URL 編集 返信
No title
おばんです!

大変興味のある情報に大nice☆ですhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/044.png">
このアサギマダラは♂のようですね。
フクオウソウ、ツクシコウモリ気になりますね。ワイルドな山容、好きだなぁhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s96.gif">

つい先日、40数年前の学生時代九州一周旅行で、えびの高原CP場に泊った時に求めた韓国岳のピンバッチを見て、ここも登山予定だと再確認したばっかりですhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/034.png">
花の百名山(NHK版)でもありますね。

やまし

2016/08/24 21:43 URL 編集 返信
No title
韓国岳、とても行けそうにありません。途中の大浪池。丸い池ですね。上から見下ろす写真もいいですね。☆☆
九州も北海道の山へ行けたら次に行きたいものです。

てつ

2016/08/24 22:30 URL 編集 返信
No title
チャンスは逃さず、
山巡りってことですかね。

やはりこのクレーターいっぱいの地域は
そうないでしょう。

おと桜

2016/08/24 22:48 URL 編集 返信
No title
あひるさん>傾斜がありましたね。でも大丈夫♪
山頂碑を越えて、火口際に咲いてましたよ…すぐ分ると思います。
私は、そのものですよ(笑)

ら~く

2016/08/24 22:56 URL 編集 返信
No title
やましさん>おおッ流石!そうです♂ですよ♪
後翅の黒点で分りますね^^V
懐かしんでいただけましたか…ミヤマキリシマの頃がいいんでしょうね♪

ら~く

2016/08/24 22:59 URL 編集 返信
No title
てつさん>今は工夫次第で色んなアクセスが選べる時代。そんなにコストかけずに行けますよ。
是非、トライしてくださいませ^^

ら~く

2016/08/24 23:01 URL 編集 返信
No title
おと桜さん>はい!そこまで行ったら行っておこうです^^
当然、余裕持ってですがね。
確かに火口数ではナンバーワンかも知れませんね。

ら~く

2016/08/24 23:03 URL 編集 返信
No title
九州の山々は火山ばかりですね~https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/025.png">
何時ドカンとこないとも限らないから緊張するね!
と言っても山登りもしないからまぁいいか!https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/013.png">
最後にドシャブリhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/079.png">とは難儀やね~https://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/016.png">
ナイスhttps://s.yimg.jp/images/socialproducts/blog/img2/emoji/044.png">

山鰍

2016/08/25 11:11 URL 編集 返信
No title
山鰍さん〉確かに九州は火山が多いですね。
生きてる大地、堪能できますよ(^_^;)
車に帰って、降り出しましたから 危機一髪ってとこでしょうか。

ら~く

2016/08/25 17:09 URL 編集 返信
No title
大浪池までは学生時代の九州一周の時に歩いたんでした。山頂まで行ってみたいものです。雨の前に下山できて良かったですね。

山が好き

2016/08/27 20:44 URL 編集 返信
No title
山が好きさん>気持ちの良い火口縁歩きでした。
韓国岳の火口は圧巻ですよ。

ら~く

2016/08/28 06:09 URL 編集 返信
No title
ら~くさん~こんばんは。
突然におじましてすいません。
韓国岳の事が書き込んであったので~
7日に行ったばかりだったので~
自分達のコースと違っているようでした。
疲れますが~山頂での食事最高ですね。

hir*0*05*405

2016/09/13 19:10 URL 編集 返信
No title
あんどちゃん>こんにちは!韓国岳に登られたんですね。
地球を感じる火山、ワイルドでしたね。

ら~く

2016/09/13 20:28 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

ら~く

Author:ら~く
冒険が大好き♪
小さい時から野山を駆け回っていました。
おじさんになった今も駆け回っていますよ♪

くろック ALL STARS

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ