「天孫降臨」日の宮 幣立神宮

 
 
日の宮  幣立神宮
 
 
 
ここは、悠久の太古 約一万五千年前からの起源がある場所?
 
 
 約8、000万年前にできた日本列島を関東から九州まで縦断する中央構造線が、
四国の石槌山~日向灘を渡った場所、パワースポットです。
 

天神の大神が幣を投げられた時に、その幣がこの地に立ったため幣立と言うようになった。
地球・九州のヘソとも呼ばれ神代時代の伊勢神宮であり高天原神話の発祥の神宮です。
悠久の太古、地球上で人類が生物の王座に就いた時、この人類が仲良くならないと宇宙全体にひびが入ることになるのを天の神様がご心配になって、地球の中心・幣立神宮に火の玉に移ってご降臨になり、その場所に芽生えた万世一系のヒノキ(日の木・霊の木 一万五千年の命脈を持つ日本一の巨桧)にご降臨の神霊がお留まりになったとか…
 
 
 
 
 
胸がいっぱいで、もう言葉はありません。 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
高天原は、ここだと確信した? 

舞い降りた神は…
ここから高千穂に行かれて霧島/高千穂峰に移動されたんだろうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
神のお遣いヤタネコにお導きいただきます。 

 
 
 
 
 
 
 
ご由緒 

 
 
 
 
 
 
 
大和民族の象徴 を意味する日の丸…日の宮。

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
古典史上の高千穂宮・幣立 

 
 
 
 
 
 
 
天神木の高千穂 

 
 
 
 
 
 
この神木に天孫の邇邇藝命舞い降りた…
天孫降臨 

鳥居裏に、世界一の巨桧・天神木  
 
 
 

足を一歩一歩踏み入れると厳かな霊気がみなぎります。
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
神紋は丸に違い鷹の羽…我家と同じです。 

 
 
 
 
 
 
 
八大龍王が鎮まると言われる池…そこにあるのは?

東御手洗・東水神宮
 
 
 
 
帰りは多数の御神木に 感動しながら山筋を歩きました。
 
 
 
 
五百枝杉 

ちょっと見たことない様な巨木に圧倒され続けられた。
 
 
 
 
 
「日の宮」正に心のふるさとの根源に触れる思いが… 
 
 
 
 
 
ありがたい、お国のご利益をいただきました。 
 

 
 
 
 
しかし「天孫降臨」伝説は…
高天原は霧島(高千穂峰)、宮崎県高千穂町でも
金剛山(葛城)でもあって欲しい。
 
 
また何時の日か、追いかけたいと思います…ロマンです♪
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

ら~く

Author:ら~く
冒険が大好き♪
小さい時から野山を駆け回っていました。
おじさんになった今も駆け回っていますよ♪

くろック ALL STARS

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ