12/13 梯子の大普賢岳

 年内に登りたかった大普賢岳…
暖かいこの日、チャレンジいたしました。
 
 
 
駐車場に着くなりあのガイドワンちゃんにも会えましたよ!
お散歩中でした…今は盲導犬だとか?
 
 
 
 
 
 
 登山口は、和佐又ヒュッテの外れにあります。

いやぁ~広々キャンプ場 ここで前泊しても良かったな。。 
 
 
本当!天気には恵まれましたよ♪
 
 
 
 
08:40

 
 
 
 
 
 
 
ブナの原生林をつづら折れに登って行きます。

 
 
稜線に出たと思えば…
 
 
 
 
和佐又山のコル到着 

和佐又山と大普賢岳への分岐… 
 
 
 
 
 
 
何だか周囲は、カルストの様相になって来た。

 
 
 
 
 
 
 
苔むした巨木の息吹を静かに聴いてみます^^

 
 
 
 
 
 
 
「N」って!そっちは北じゃなかろ?

 どうして卑屈になったのか?歴史を教えていただきたいもんだわ。
 
 
 
 
 
 
アップダウン繰り返して、いよいよ行場に入って行きます。 

 
 
 
 
ここから靡(なびき)と呼ばれる霊場が各所にあります。
 
 
 
 
シダンの窟に到着。

 
 
 
 
 
 
 
最初の梯子が待っていました。 

 
 
 
 
 
 
 
切り立った岩場のトラバース…素敵です♪ 

 
 
 
 
 
 
 
朝日窟 

 
 
 
 
 
 
 
おおッ!@@;八岐大蛇の出現

 
 
 
 
 
 
 
笙の窟 

窟には不動明王が祀られていました。 
大峯奥駈道を拓いた役行者始め高僧たちが修行をした場所として有名な場所だそうです。
 
 
 
真上にドーン!とそびえたつ絶壁。 

この迫力は、かなりのインパクト! 
 
 
 
 
岩壁の天辺から岩清水がポタポタと落ちてくる。

 そのポタポタ落ちて来る姿が、ゆっくり揺ら揺らで、とても幻想的なんですよね。
見上げてたら首が痛くなってきた^^;
 
 
 
 
 
 
確かに!岩壁の一部が鷲の横顔だわ!

 
 
 
鷲ノ窟 

道はさらに険しくなっていきます 。
 
 
 
 
 
 
さらに進むと道が細く片側が絶壁のような箇所を通過します。 

 鎖場です…さすがに滑落防止のためか鎖が繋いであるのです。
 
 
 
 
 
登りきると…
 
 
日本岳のコルに到着。

 
 
 
 
 
 
 
幾つも続く、梯子…ほんとに多いよ。 

 帰りが不安になるぐらい。。
 
 
 
 
 
 
梯子の周辺に這い蹲る「コイワカガミ」

 葉が、キラキラ輝いてます♪
 
 
 
 
 
 
またまた…

 
 
 
 
 
 
 
途切れ途切れ梯子を登ったり下りたり、、、登ったところに「石ノ鼻」 

 
 
 
 
 
石ノ鼻から眺望を楽しむ。 

 
 
 
 
 
 
 
橋の下は、あの世へ向かって真っ逆さま--;

 
 
 
 
 
 
 
まだまだ…

 
 
 
 
 
 
 
小普賢岳のコルと頂上への道標 

 余力があれば、帰りに登ってみようかな?
 
 
 
 
 
 
今度は、岩場を急降下!

 
 
 
 
 
 
 
いよいよ!大普賢岳へ? 

 
 
 
 
 
 
 
梯子よ!ここまで来たら、なんぼでもお越しやす! 

 
 
 
 
 
 
 
やっと、大峰奥駆道に乗り上げる。

 
 
 
 
 
 
 
山頂近くに残雪と思いきや、これは落下した樹氷 やね。

 
 
 
笹原と滑り草?を登って行くと…
 
 
 
 
 
11:20  山頂とうちゃこだよぉ~♪ 

三等三角点 
 
 
 
大普賢岳(1,779m)山頂!

 
 
 
 
 
これだから止められません^^V 

台高山脈 
 
 
 
 
 
 
大台ケ原 

 
 
 
 
 
 
 
手前は国見岳・七曜岳

 
 
 
 
 
 
 行者還岳~弥山・八経ヶ岳 

 
 
 
 
 
 
 
こりゃ近い!山上ケ岳~稲村ケ岳 

 
 
 
 
 
 
 
北方に薄っすら見えるは? ZOOM!

伊吹山? 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
毎度ながら肉うどん を サラッといただきました。 

次回は周回コースにチャレンジしたいと思います。
前泊ですな… 
 
 
 
 
 
 
行きはよいよい、帰りはこわい、、、

 
 
 
 
 
 
 
小普賢岳にも登ってみました。 

 1,640m 眺望はがっかりで…
 
 
 
パタパタ ヘリが飛び交う中を下山致しました。
何方様かお世話になってるのかな?
 
人には迷惑かけたくないものだ…
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
 
 
和佐又ヒュッテに帰って来ました。
いやぁ~!パワースポットだし、印象的ないい山でした 

帰りは、上北山温泉で汗を流していきました。
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(20)
No title
絶景かな!ですね^^
それにしても梯子が多い。
帰り道が怖いですね~。

フミいごっそう

2015/12/19 18:20 URL 編集 返信
No title
私には難度が高すぎるお山のようです。
昨日登山したのですが、やはり上空にヘリが何度も
周回していたので、どなたか怪我でもと思いました。

monnami

2015/12/19 19:51 URL 編集 返信
No title
JINJINさん>緊張ある歩きが楽しめましたよ。
眺望に惚れ惚れのひと時でした^^

ら~く

2015/12/20 00:02 URL 編集 返信
No title
ノラさん>気になるN字木ですよね。
地図見て、予習から楽しい山行ですよ。

ら~く

2015/12/20 00:04 URL 編集 返信
No title
石ノ鼻からの展望、良かったですよ♪
色々、ご経験での思い出があるのですね…すばらしい。
たまにの駐車代、仕方ないですね^^;

ら~く

2015/12/20 00:07 URL 編集 返信
No title
帰りの方が緊張しましたね^^
横断歩道渡る時のメロディー「通りゃんせ!」福岡か京都かでしたか?

ら~く

2015/12/20 00:10 URL 編集 返信
No title
sayoさん>私にとってはメリハリある山行で楽しかったですよ。
色々、試せましたしね。

ら~く

2015/12/20 00:11 URL 編集 返信
No title
iwahibariさん>おそれいります。
優先順位が高くなった?また行きたくなる山になりました^^

ら~く

2015/12/20 00:14 URL 編集 返信
No title
さらばんどさん>さすがよくご存知なのですね。
本当、良い山です♪
なるほど、台高の延長上ですものね。

ら~く

2015/12/20 00:17 URL 編集 返信
No title
白髪おやじさん>暖冬なんですね!暖かかったですよ。
残雪もなかったです。

ら~く

2015/12/20 00:18 URL 編集 返信
No title
fairyのおさんぽさん>充実した登りが楽しめる山かも知れませんね。
次は是非!縦走を楽しみたいと思います。

ら~く

2015/12/20 00:21 URL 編集 返信
No title
yokkoさん>雪、少し期待してたんですが無かったですね。

ら~く

2015/12/20 00:23 URL 編集 返信
No title
おタケさん>長年のご経験の事…
深いですね♪
周回コースはまた今度ですね。

ら~く

2015/12/20 00:28 URL 編集 返信
No title
ひろさん>険しい岩にキラキラ「イワカガミ」でした♪

ら~く

2015/12/20 00:29 URL 編集 返信
No title
カサブランカさん>それは、またレベルの高い経験ですね。
確かに、この眺望は何のも代えがたいですね。

ら~く

2015/12/20 00:31 URL 編集 返信
No title
おとさん>是非、関西入りして経験なさってください^^;

ら~く

2015/12/20 00:33 URL 編集 返信
No title
みぃさん>おかげさまで、最近の山では久しぶりに恵まれました^^V

ら~く

2015/12/20 00:35 URL 編集 返信
No title
ツユキさん>もっと早くに登ってたら良かったと思いました。
さすが、見るところが違いますね…私も粘菌なら興味があります。

ら~く

2015/12/20 00:38 URL 編集 返信
No title
フミさん>梯子の数ほど経験重ねましたよ。

ら~く

2015/12/20 00:40 URL 編集 返信
No title
monnnamiさん>ご経験豊かな貴女なら大丈夫でしょう♪
これから厳しい季節、お互い注意しましょうね。

ら~く

2015/12/20 00:42 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

ら~く

Author:ら~く
冒険が大好き♪
小さい時から野山を駆け回っていました。
おじさんになった今も駆け回っていますよ♪

くろック ALL STARS

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ