東六甲「座頭谷」

約1年ぶりにやって来ました。
東六甲の谷で奇岩、巨岩の景観が見てみたいと思った…
 
久しぶりの電車行脚…宝塚駅周辺はまた綺麗になっていました。
その宝塚駅から1時間に1本のバスに乗り込んだ。
 
 
 
 
おおッ!ご無沙汰の万里の長城を歩きます。

「蓬莱峡堰堤」
 
 
座頭谷へはこの万里の長城を南に進んで行きます。
この座頭谷は砂防堰堤が何重にも連なっているのが特徴なんです。
 
 
 
青空下に目指す崩壊地が覗きます。

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
沿道の谷には砂防堰堤が連続しています…それを横目にトラバース道を遡行。

 
 
 
 
 
 
砂防堰堤沿いに行くといきなり開ける大きな河原。
河原のガレ場を進むと次の堰堤までの巻き道…その連続。。
 
 
 
 
 
 
巻き道は頭を屈めたブッシュ道、赤テープと紐だけが進む目印です。

そう言えば、昨年はクルクルさ迷った道でありました^^;
 
 
 
 
 
 
おおッ!目指す「バッドランド」が見えて来た。

 
 
 
 
 
 
ここの一部に広がるのは…

センブリランド♪
 
 
 
 
 
 
この荒地に咲く花!逞しい限りです。

 
 
 
 
 
 
4ビラ 見つけたぁ^^/

 
 
 
 
 
 
ムラサキ系もありました^^;

 
 
 
 
 
 
それでは、奇岩アートの世界へ…
 
 
崩壊の進む岩壁がまるで石柱が屏風のような風采で並び立っています。

 
 
 
 
 
 
大きな堰堤の内側は大小の石ころと砂で埋めつくされた荒地となっています。

んん~ 中国の水墨画の世界か…それぞれ面白い岩に興味しんしん。。
 
 
 
 
 
 
正しくここは、北摂の「グランドキャニオン」と言ったところです。

 
 
 
しばらく景色を楽しんだら、もっと上に向かう事に。
 
 
 
 
 
分かり難い、尾根への取り付きにご丁寧に印が…感謝♪

 
 
 
 
 
 
木々が茂った急坂を噴出す汗を拭きながら、なんとか登った。

ところどころ危険な細道があります。
 
 
 
 
 
 
ハニータウン(農場)到着。

 
 
 
 
 
 
敷地内の開けたところに咲く、シュウメイギクに“ほっと一息♪”

 
 
 
 
 
 
ここから道路を渡り、東六甲をぐるっと周るイメージで船坂峠へ…

 
 
 
 
 
 
目印の碑を確認して細いササ道を…途中漕ぎ漕ぎ。。

スズメバチはブンブン!マムシは横切るし…
六甲なんだけれど、心細くなる道ですーー;
 
 
 
 
 
 
六甲全山縦走路に出て一安心♪

分岐を左へ向かいます…
 
 
 
 
棚越~~
 
 
 
大平山 山頂

この山頂は分かり辛いかも。。
眺望もないし、何もないです^^;
 
 
 
大谷乗越 過ぎて寄り道
 
 
 
宝塚市の最高峰 岩原山 山頂

 
 
 
 
 
 
赤子谷への分岐…

 
 
 
 
 
 
岩倉山方面に寄り道。

甲山越に大阪方面の眺望
 
 
 
 
 
 
うっすら、金剛山が見える…

ここで青にまみれて暫く休憩でした。
 
 
 
 
 
 
砂山権現~塩尾寺に下り宝塚駅方面に帰ります。

 
昨年もそうだったが、低山ながらけっこう過激な道であった。
 
 
 
カゲキ?
 
 
 
 
 
歌劇♪

その後…
「新梅田食道街」で冷たい泡ジュース天国だった^^V
 
 
阪急電車 最高♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(20)
No title
六甲って、六甲ですよね?なんか変な質問でごめんなさいm(__)m
私も一度行きたいけどなかなか行けないところなんです!
写真見ていると、行きたい気持ちが…
4枚のセンブリすごい!

fairyのおさんぽ

2015/10/24 12:14 URL 編集 返信
No title
そうその蓬来峡にムラサキが咲くと聞き及んで降りますが(._.)

ちとひとりぼっちにはワイルド過ぎ😱

阪急電車は便利でしょ😃

mannmaruogojyo

2015/10/24 13:35 URL 編集 返信
No title
ここから表六甲にも行けるんですか???

とら

2015/10/24 14:16 URL 編集 返信
No title
蓬莱峡堰堤から
歌劇なオチ、泡ジュースまで
充実してますね。

高くない山でも昼間歩ける、
でも泡ジュースもうまい気温。
いい季節です。

おと桜

2015/10/24 16:32 URL 編集 返信
No title
ぎいさん>ご存知なんですね!そこかも知れません^^;

ら~く

2015/10/24 17:29 URL 編集 返信
No title
白髪おやじさん>ここは有馬温泉への入り口なんですよ。芦屋方面は表なんですね…芦屋も神戸同様、広いですからね。
ただ、芦屋の六麓荘も猪や、ややこしい方が生息して危ない地域かも知れません^ーー;

ら~く

2015/10/24 17:39 URL 編集 返信
No title
fairyのおさんぽさん>はい!六甲山系ですよ。
広大な山地に、数ある登山コース、阪神地区の山好きには身近な山ですね。
4枚、見れて得した気分でした^^

ら~く

2015/10/24 17:44 URL 編集 返信
No title
おタケさん>さすがよくご存知で!ソレですよ^^
前回は屏風岩から荒地の岩登りをして迷った場所!
獣道って道?ワイルドで面白い場所ですね♪
本当は、十三でと思ってたんですがヘベレケになると淀川渡るのがめんどくさいです^^;

ら~く

2015/10/24 17:51 URL 編集 返信
No title
とらさん>はい!上記の六甲全山縦走路を右方面に行けば六甲最高峰です…
目立ったもんはありませんがね。

ら~く

2015/10/24 17:53 URL 編集 返信
No title
おとさん>本当は、ここで宝塚温泉後に泡ジュースが良かったんですがね^^;
ここは登山家が訓練される山…豊満山歩く方が断然、楽ですよ♪

ら~く

2015/10/24 17:58 URL 編集 返信
No title
奇岩アート、飽きずに見てられそうですよね^^
岩湧山も時期なのかスズメバチ多かったです。。。
まとわりつかれ危なかったです。

フミいごっそう

2015/10/24 18:24 URL 編集 返信
No title
フミさん>おかげさまでショッカーのアジトにまた行けました。
スズメバチ!この時期、本当に多いですね。
アレルギー持ちの方は特に注意しなきゃ危ないですーー;

ら~く

2015/10/24 18:58 URL 編集 返信
No title
もう50年も前の事就職した会社の保養所が宝塚にありました
ただそれだけのことです
仕事の関係で三田市には行ったことがありますが当時はヤマには興味はなかったので何処が東六甲だかさっぱりわかりません
六甲の地質は花崗岩かな、もろいようなので長い年月を経ていろんな造形が見られるようになったのですね

あれんこれん2

2015/10/24 19:05 URL 編集 返信
No title
あれんこれんさん>三田から南西ってところですかね?
さすが!花崗岩の風化された剣のような奇峰の立ち並ぶ景観地です。

ら~く

2015/10/24 19:13 URL 編集 返信
No title
おはようございます。
蓬莱峡は駐車場に車を止めて 廃電車の所までしか行った事ないです~

あの険しい所まで行って見ようと思ったのですが川をザブザブしないと行けなかったのでやめました。

車で有馬街道を走っていて目に飛び込んでくる蓬莱峡。 初めて見る人は驚くでしょうね~~

TBとナイスさせてくださいね。

sayo7491

2015/10/25 07:40 URL 編集 返信
No title
sayoさん>私もブルートレイン車両付近から蓬莱峡を昨年楽しみました。
ドキドキ、岩登りをした覚えがございます。

ら~く

2015/10/26 06:53 URL 編集 返信
No title
こんばんは。

岩場に展望にそして、お花にと、六甲らしいお山ですね。
岩場は拝見させているだけで緊張感が伝わります。
特に、これだけ沢山のセンブリがいいですね。
私はまだ拝んでいませんので、出会いたいお花の一つです。

ちげ 新

2015/10/26 20:24 URL 編集 返信
No title
ちげ新さん>迫力ある近場の岩場でした^^
センブリの季節、間もなく終わってしまいます。

ら~く

2015/10/27 06:14 URL 編集 返信
No title
こんな六甲山もあるんですね❗私は全山縦走路しか歩いたことがないので、六甲山は都会の山であっても奥が深いですね❗ナイス👊😃💕

歩き人;忠敬

2015/10/28 15:08 URL 編集 返信
No title
忠敬さん>確かにここはメジャーな道ではありません。
表の登山口があまりにも街に近すぎる…神戸・芦屋・西宮の平野の狭さがその表現になるかも知れませんね^^;

ら~く

2015/10/28 22:49 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

ら~く

Author:ら~く
冒険が大好き♪
小さい時から野山を駆け回っていました。
おじさんになった今も駆け回っていますよ♪

くろック ALL STARS

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ