三峰山で粕汁

三峰山





この日曜日…また三重、奈良の県境の山にやって来ました。


三畝と三峰ってどう違うのか?調べりゃ同じ意味…
示すとおり3つのコブからなるお山だそうです。

ここも霧氷で有名なお山、この時期非常に賑やかです。




林道を進み、木橋を渡り登尾ルートで山に入ります。

尾根をてくてく上がっていきます。




途中、この道ならではの眺めが楽しめます

兜岳に鎧岳に…曽爾方面 室生火山群


この辺りからアイゼンww






緩やかな登り坂を行くと、素晴らしい霧氷の芸術が現れました。






不動滝コースと合流…
植林から尾根に出ると、避難小屋あり多くの登山者さんが休憩しています。





エビ…






ご縁ですよね♪

昨今の化石探検~この「中央構造線」の名に自身を感じます。
また雪が溶けたあかつきには断層を見に来たいと思います。




霧氷のトンネルに突入!





エビの群れ♪










帽子を被った大日如来に思わず微笑む^^







上の方へ行くほど視界が悪くて…

残念ながら眺望できず、合掌




山頂に到着!

三峰山 標高1,235,4m





ここ!風ありまんなぁ~

八丁平に進みますが…その前に昼飯を。




風があるもんで、手前の樹林内でいただきました。

この日は、飽きもせずまた「粕汁」^^;

ああぁ~ 石油バーナーを持って来るべきだったと少し反省。



風がさらに強くなり、体感温度は冷凍庫の中(>_<) 
指先が痛くなってシャッター押しにくい。。





餅を2個“ドボン!”させグツグツ♪
隠し味のタバスコポチポチ!

鮭が餅に絡まって、コレがまた (*´Д`)y-~~~ウマー ...






食事を終えたら大広間へ♪




八丁平

台高の山々がメチャ!キレイ♪




八丁平は、なだらかな平原状の鞍部で、広々としています。

並びの高見山もヒョコっと。









刺す様な風ビュービュー!のなか素晴らしい眺望にウットリ^^;

日が差すと、極端に暖かくなるねぇ








帰りは、不動滝ルートで下山します。

長い、つづら折りを下っていくと…爽やかに響く音♪



不動滝

不動明王が祀られている落差21mの不動滝 立派な滝だわ!




パーキングの「みつえ青少年旅行村」まで帰って来ました。
屋台が出ておりまして、周囲の皆さんの乗りで思わず“お母さん熱燗”と!

仕方なく、草餅をほおばり…

温泉に直行したのでした。




今シーズン、また訪れたいお山でした(○⌒∇⌒○)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(20)
No title
うひょ~ https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s358.gif">
スゴく寒そうです。

確かに粕汁は美味しそうですが、私は暖かい部屋で食べたいですね!(笑)

Paratodus

2015/02/06 19:53 URL 編集 返信
No title
凍傷に、気をつけて下さいね
冷えきったなかの粕汁最高
だごじるも、食べたかです

ウルフ

2015/02/06 20:53 URL 編集 返信
No title
北海道より、寒そうですね!!
寒い山の上で温かい粕汁・・・
最高の贅沢です!!

koko

2015/02/06 21:25 URL 編集 返信
No title
ら~くさんお久しぶりです!霧氷いいですね~!

寒さも忘れる光景です!!

グランパ

2015/02/06 21:31 URL 編集 返信
No title
広々した八丁平は大好きなんですが
風の冷たさは半端じゃないですネ~(>0<)

粕汁は温まるネ~(^^)

カサブランカ

2015/02/06 21:40 URL 編集 返信
No title
アイゼンもっていった?

-

2015/02/06 22:50 URL 編集 返信
No title
やっぱり、
少しでも日差しがあると
ありがたいですね。

お日様エライ!

おと桜

2015/02/06 23:51 URL 編集 返信
No title
かんたさん>中央構造線見るときにはゆりわれコースを歩いて露頭を見学したいと思います。

ら~く

2015/02/07 06:06 URL 編集 返信
No title
shinさん>寒さも忘れて霧氷に感動しますよ!
防寒策はしっかりと^^;
はい!コレは特にあたたまりますね♪

ら~く

2015/02/07 06:09 URL 編集 返信
No title
Paratodusさん>暖かい部屋で、この味は出んぞよ^^V

ら~く

2015/02/07 06:14 URL 編集 返信
No title
ウルフさん>大根、にんじん、里芋、しいたけ…
「くまもんだごじる」もよかねぇ~♪

ら~く

2015/02/07 06:17 URL 編集 返信
No title
kokoさん>んん~ 確かに昼間の札幌市内の方が暖かい
かも知れませんね。
夜のススキのは常夏かも知れません…いきたい♪^^;

ら~く

2015/02/07 06:21 URL 編集 返信
No title
グランパさん>こんにちは!きれいでしたよ♪
病みつきになりそうです^^V

ら~く

2015/02/07 06:22 URL 編集 返信
No title
カサブランカさん>聞いてはいましたが、風ありましたね。樹林帯なきゃ飯は食いにくかったかもです。

ら~く

2015/02/07 06:24 URL 編集 返信
No title
きくさん>男の子!次の山レポ待ってますよ♪
AIWA復活したら面白いのになぁ~^^

ら~く

2015/02/07 06:26 URL 編集 返信
No title
おとさん>足元の雪に反射して尚、暖かくなるんですね。ホント!エライと感じました^^

ら~く

2015/02/07 06:28 URL 編集 返信
No title
帽子を被った大日如来に思わず微笑む貴殿が素敵です。
やはり難儀しないと絶景は見れませんねぇ

バーク屋

2015/02/07 08:26 URL 編集 返信
No title
おやじさん> (*⌒∇⌒*)テヘ♪
難儀はそんなにしておりませんが、動かないと観れませんね。
動きすぎて要らないもん見ることもシバシバですが^^;

ら~く

2015/02/07 10:16 URL 編集 返信
No title
こんなに寒い雪山に、たくさんの人が行くのですね。
それを聞くと答えは必ず「そこに山があるから」(^^;) なのよね。
だから!なんで?を知りたいのにね。

ら~くさんの、お手ては山男のお手てしてますねhttps://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s18.gif">https://s.yimg.jp/images/mail/emoji/15/ew_icon_s368.gif">

nijiiro_jeen

2015/02/07 15:15 URL 編集 返信
No title
jeenさん>この風景みりゃ、また行きたくなるだけです。

ら~く

2015/02/07 22:17 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

ら~く

Author:ら~く
冒険が大好き♪
小さい時から野山を駆け回っていました。
今は野山だけではなく全国を駆け回っています。
どうかお付き合いくださいね。

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ